ほんねとたてまい

物作り屋さん「たてまい」のやらかしてるこころのハナシ

人に喜ばれることをする、の正体

休みを取ってほぼ1日中寝ていました。
たてまいです。

久しぶりの更新です。

お金くださーい!の記事から
行方をくらましていた私です笑

その節は本当にありがとう。

それでも月に100pv以上過去記事にアクセスがあって、
読んでくれていた皆さんありがとう。


更新してない間に、
大好きなイベントお手伝いしたり、
人生初のビジネスコンサルを受けて
ビジネスの話もそこそこに大号泣して終わったり…
色々ありましたが、
その中から私が少しずつ変わるきっかけになりそうな気づきをシェアします。

今日はみんな大好き
仕事とお金の話です。




私は、
「アーティストは人の望んだものを作るのはいけない、自分がいいと思うものを作らなくてはいけない」

って、
誰かの言葉なのかなんなのか、
思っていた。

だから、
高飛車と思われるくらいでいなければいけないと思ったし、
好きなものを好きなだけしか作らない!って思ってた。

というか、
思い込んでいた。


少し前に、
ものすごい反響のあった作品が出来て、
色んな人が欲しいと言ってくれていて、
でも、
一点もののつもりだったの。

だけど、
ものすごい欲しいっ!
前から気になってた!って言ってくれて…
その声に応えたいと思った。

無理やり
「価値を上げるために一点物にしようとしてた」
んじゃないかと自分を疑ってみた。

材料も幸い調べてみたら、
在庫は少ないが手に入る。
欲しい、
という気持ちに応えてみよう、
と、
普段はやらない量産をしてみることにした。

仕事をしながら
昼休みも材料調達に走ったり、
ものすごい大変だったけど、
この先に笑顔で受け取ってくれる人がいると
思える作業は、
とても幸せだったし、
自然と頑張れた。

眠くても眠くても、
やろう!って思えた。

これは私の中の新発見。

量産は無理、
同じデザインは作るモチベーションが保てない、
と思っていたのは、
ものすごい受け身かもしれないけど、
なかなか喜んでもらえるイメージがしにくかったからだ。


そんな中、
こんな話を聞いた。


専門性をはぐくむこと。
それがあると短時間で(短期間ではない)
負荷なく高収入を得ることが出来る。

自分だとわかりにくいことが多いけど、
大きく人の為になること、
より人の為になる事をする。

だから、それを分かる為に
人の反応を見よ、ということ。


私は
「人に喜ばれる事をする」
という言葉尻だけとらえると、

なんだかもやーんとして。

「そんなの、自分のしたい事じゃないと
出来ない!」と思って、
あんまり人の反応って見てなかったように思う。

私の作るものに反応してくれる人が
お客さんになってくれたらって思ってた。

けど、そうじゃなかった。

こうやって、
今回人が喜ぶ事を
自分が好きな事で出来て、
あ、喜ぶことをしてあげるってこういうことか。
人が欲しがってるものを作るってこういう事かと。

「こんなのを作って!」と、
言いなりに作るのとは違うんだ、と。
作れるけどね、
多分、大抵のものは。
ただ私に対してそういうものを望んでいる人はいないような気がする。


それかわいいね!欲しい!
に応えるのは私は好きだ。
私も嬉しいし、喜んでくれる。
そういう量産は好きだ。


今回のこの作品は、
実は原価そこそこなので、
実はあんまり利益はない。
そこは私の下手くそなところだ。

買ってくださった方の中にも
「安すぎると思った」と言ってくださる方もいたり。

けど、
喜んでくれて嬉しかった。

もうあと少しな気がする。

いいバランスで、
私が私の力を1番発揮できる、
且つ喜んでお金を払ってもらえるような
そんな働きを探していきたい。

そして、
それは今の本業の仕事では
喜ばれ度がやはり足りないということだ。

もっと働けとか、
苦手なことや興味のないスキルを
無理やり身につけろってことじゃない。
会社はそういうのを要求してくるかもしれないけど。

まだまだ、
私の力を最大限に使って、
人を喜ばせることは出来ていない。
ってことだ。
その仕事で。
その仕事だと、
まだまだ、力出せていないということ。
あなたのいいところ、
能力、
そんなもんじゃないでしょ??ってこと。

伝わるかな??

そこがあなたの1番力使える場所じゃない
という可能性もあるよ。

だから、
なんだかお金に不満があったりするのだ。
お給料が上がらないとか悩んだりするのだ。

周りの人で、
「そんなに専門性があるわけじゃないから、
これくらいのお給料でも仕方ない」
と言っている人もよく見かける。

そんなことない!と言いつつ、
私もまだ、
そんな風に感じる部分はあって、
恐いからだろう。

けど、
多分、
本当にあなたが力を発揮できることをしたら、
きっともっとお金を払って感謝する人がいるだろう。

あなたが、
私が、
その仕事をしてお給料がなかなか上がらないんだとしたら、
それだけしか人の役に立てていないという事だ。

それってすごい、
才能の無駄遣い

で、
いつまでも恐いから、
変わらないんだよ。

恐いのは仕方ないね。
恐いんだもの。

勇気を出して、自分を活かすか、
どうしますか?
(自分に問いかける)


『ここにいるのは
私という資源の無駄遣い』


って仕事中に久々に言葉が降りてきたよ笑

脱線したけど、
そういうことだ。
誰も私に事務作業をどうしてもあなたに〜!
なんて思ってない。
もっとスキル高くて要領いい人いる。
5年もいたら
慣れ、とかやりやすさ、はあるよね。
その空気感を作ること、
場を和ませて働きやすくすること、
その能力に私はこのお給料払ってもらってると思ってるよ(本業)

うん、
なんだか見えてくるね。

本当に、
息をするようにできることで、
たくさんの人を喜ばせることが出来ること、
それを増やしていくのがきっといい。

そんなことを
感じた。



みなさんが、
求めることは何ですか?

私が何をしたら、
喜んでくれますか??

それを
これからもゆっくりと、
探していく。


きっと、
これを読んでいるあなたも、
あなたが本当に力を発揮できることがある。
今の職場でも出来るだろうし、
環境を変えるのもいいと思う。

そんな、
「自分らしい」生き方をみんなが出来たら、
本当に幸せで、
いい世の中になると思うんですよね。


そんな風に思っています。



長くなってしまいましたが、
いつも読んでくれて
ありがとうございます( *'ω' )っ♡︎)`ω'* )ムギュ


それではまた書きますね!

お願いしにくいことをお願いします

 
 
助けてください!
どうか力を貸してください!
 
 
▼改めてご挨拶
初めまして。
ハンドメイドのアクセサリーを作っています
Piaceresolo(ピアチェーレソロ)の楯 麻衣子です。
 
「自分に戻るアクセサリー」を軸に毎シーズンテーマに合わせた作品や、
その人をイメージしたオーダーアクセサリーを作成しています。
 
▼このプロジェクトで実現したいこと
より沢山の人に
ブランドを知って欲しい。
身の回りのことも自分自身のことも変化は恐いけど、その先をみてみたい。
好きな事で人生を作っていくそのきっかけにしたい。
 
▼プロジェクトをやろうと思った理由
今回は
「アクセサリー作りをちゃんとやって人生変えたいからお金ください!」
というありえない自分勝手なお願いです。
 
安くて可愛いものは今の世の中沢山ある中で、
それでもあなたにお願いしたい!と言われるモノを作りたい。
もっと沢山の人に本当のお気に入りを身に付けてもらって、
なんとなくこれでいいやの選択を減らしたい。
それは生き方を取ってもです。
 
その事に今までよりも純粋に力を注ぎたいので
簡単ではありますがプロジェクトとして立ち上げました。
 
 
▼これまでの活動
トークイベント出演者への衣裳としての作品提供
・各種ワークショップ
・一人一人に合せたオーダーアクセサリーの作製
・シーズンごとにテーマに沿ったアクセサリーの製作、販売
 
▼資金の使い道
・ブランドを盛り上げるための宣伝費
 (雑誌掲載費などの一部)
 
 
雑誌への掲載の話をいただき、
不安はありましたが、
掲載されたいかを軸に考え、
受けることに決めました!
 
わたしも好きな雑誌です。
人生に一度くらい、自分の手掛けたものが掲載されるってステキだし、
お金はかかるけど、
自分の不安な思いだけで見逃したくない。
これは、
自分の思いを叶えて人生を変えるきっかけにできるかもしれない!
そう思いました。
 
そしたら、
「支援するよ」と、
思ってもない申出が!!
 
 
完全に支援してもらうなんて発想は最初はありませんでした。
バイトでもして、仕事増やして、一人でなんとかして
HP作ったり、ジュエリーケース作ったり、カタログつくったり、
しようと思っていました。
 
が、物理的にムリでした。
私はアクセサリーを作りたいのです。
 
「自分でやれない事を人のお金でやるなんて」
「人様にお金出させて人生変えるとか…みんな一生懸命長い年月働いてお金貯めてやりたい事やってるのに」
その言葉は自分自身が一番自分に浴びせていて、
絶対に自分でやらなきゃと言い聞かせていたのですが、
本当の本音は、
『助けて欲しい』です。
 
私はただ気持ち良く、創造力に身をまかせて、
お金の心配もせず、
最高の作品を作りたい。
それを届けたい。
 
それが本音です。
好きなことして食べて行きたい。
本当はそれをしたいのです。
 
何か「世界を良くしたい!」とか
「これをして世界の人を救いたい!」みたいな壮大な理由が無いと、
とか思っていましたので、
私のように自分勝手な理由でこういった支援を求めるのは…と躊躇しました。
ある意味、やりたいことを実現する為に一番言いたくない
「お金ください」
「助けてください」
支援をしてもらえなくても、
こちらをみてざわざわしたり、
「なんだ、こんなんでも言ってみていいんだ」と
何か感じていただる方が一人でもいたら嬉しいです。
 


polc
aを利用して支援をお願いしております↓

雑誌掲載の話をもらって思う① 〜古いパターンを壊す〜

たてまいです。

 

この度、

私のアクセサリーブランドである


Piaceresoloピアチェーレソロ)が

2018年3月7日発売
CREA
文藝春秋

美容特集号に掲載していただくことになりました!!!

 

LINE@に登録していただいている皆さんと、

SNSではお知らせ祭りをしていますが、

皆さんとても喜んでくださり、

あの時、掲載を決めた時に思い浮かべた未来が

ここにやってきているんだなと感じました。

 

 

f:id:norain:20180221220012:plain:w300

 

 

始まりは1通のメールから。

私のショップをやらせていただいているBASEさん経由でのメール。

 

とある広告代理店の方からの今回の掲載依頼のメールだった。

 

そのメールが来た時、

私はナリ心理学の忘年会に参加するためバスに乗っている時だった。

 

隣にはビジネスコンサルなどで全国にもファンの多い
関根あゆみちゃんことるんあゆがおり、

彼女に

 

「なんか雑誌に掲載しないかってメールが来た」と言った。

 

 

関根あゆみちゃんはこんな人

ameblo.jp

 

 

いきなり

雑誌に載せませんか!?っていわれたら皆さんどうですか???

 

うわーーーやったーーーー!
ってなれる人は受け取り上手!


私は

「いやいやいや、私に限って」

「誌面埋めなくちゃいけないから沢山の声かけてるうちの一人なんでしょう」

「お金もかかるし、働きながらやっててそんな広告費なんかないよ」

「載せて万が一問い合わせ来ても1人で働きながらじゃ対応できないよ」

 

など、

出る出る否定的な考え&受け取り拒否。

けど多分私の中ではこれが普通のパターンだったんですよね。

 

 

だからお話しいただいて、

私とは関係ない、って

一旦忘れました。

 

 

けど、

ちょっと広告とか雑誌の世界が見たかったので、

資料だけ送ってもらうことに。

 

 

 

掲載なんて夢の夢。

わたしには関係のない遠くのもっともっとすごい人の話。

 

だって、

Facebookとかで

「雑誌に掲載していただくことになりました~!」って

言ってる人は自分で会社起してる人だよ?

 

わたし、違うやん?

 

そう思っていた。

 

だけど、

折角だから、

その掲載誌の発行部数で掲載費を割ってみて

1冊あたりの広告費を計算とかしてみた。

 

結果、

 

よくわからないwww

 

1冊いくらってわかっておくのは多分

何か分析したりするのにすっごい大事で、

この広告費をかけて得られる費用対効果云々、って

ビジネスする人、

会社で雑誌に掲載とかやってる人には大事なんだろうけど、

私の中にはそれを照らし合わせるデータはないんですよ。

 

やったことないから。

 

相談しようと色々な人の顔が浮かんだけど、

やめて、

あの日一緒にいたるんあゆに聞いてみた。

 

なんだか、ここまでの流れで、

 

こわいから、誰かに

「雑誌なんて今買う人少ないし効果無いからやめた方がいいよ」

って言って欲しい、

で、

「そうだよね」

ってやめる。

お金もないし、でやめる。

 

そんなシナリオを描いていたから。

 

そうじゃなくて、

わたしは、どうしたいのかを見つめたかったから、

 

彼女に聞いた。

 

「雑誌に掲載されたらそれに見合った効果あるか気になってるんだけど、
 経験あったら教えて?」

とかいうような

正直それ聞いてどうすんの?

 
っていうか、

それ言いたいんじゃないよね?

って質問をした。

 

 

 

したらるんあゆは

 

 

「反応うんぬんより、掲載されたいか?

 で考えたらいいんじゃないかな」

 

「たくさん声かけてるよりも

自分に声をかけてくれた方を

意識したらいいんじゃないー」 

 

 

 

 

 

 

もう、

 

 

もう、

 

 

はっ!!!!

 

 

って言ったし思った。

 

 

こんなに悩むのは、

本当は載りたいからだし。

嬉しいからだし。

載せたくないのに

「載りたくないんだけどな~どうしようかな~」

なんて悩まんし。

 

最初に諦める材料を探したのは心の癖で、こわいから。


効果あるか分からない、

私だけに声かけてないし、

他にも沢山お声かかってるだろうし、

なんてのも嘘の理由。

本当はわからないからこわいだけ。

 

だってこの先は、

進んでみないと分からない『結果』の世界であり、

やってみた人にしか分からない、

さらにはやることは同じでも

自分にしか出ない、分からない自分の『この先』だ。

 

 

本当に彼女は、

いつもいつもフラットに、

わたしの本当の気持ちを引き出してくれる。

そして拗ねちゃう心を優しく引き上げてくれる。

(コンサル受けてる方幸せね)

 

 

私は、

今までのパターンを変えたいと思った。

 

このままでは

「趣味でやってるんです~」って冗談っぽく言ってれば

「そうだよね、それだけで食べていくって大変だもんね~」っていう

一般論で慰めてもらえて、流されて、

なんか気持ち悪いって思いながら人生が終わる。たぶん。

 

昔好きでもない仕事をしながら、

このまま下を向いたまま口角どんどん下がって

死んで行くなんてイヤだと思って

だから私はここにいるって思い出した。

 

 

私は人生を変えたいから、

今までしない選択をしよう。

 

 

起業するとかしないとかそう言う話ではなく。

(この話はまた次回…)

 

 

 

学生のころから密かに夢見ていた

 

「雑誌に載りたい」

 

と言うピュアすぎる夢を叶えること。

 

(かわいい子は学校の宣伝で雑誌に載ったんですよ)

(私?載ってませんよ、もちろん笑)

 

 

 

 

その後、

「前向きに掲載を考えている」

「一番私にベストな状況を整えたい」

と言う視点で、経験のある方に話を聴きながら、

あれこれと代理店の方とやりとりをしました。

 

もうこちらも本気なので

少し強めに

こちらの気持ちも伝え、

どんな記事にしてくれるのか?とか

素人が失礼だったと思うのですが、

期限ギリギリまでそこそこ長文のメールを送り、

それに対して上からくる事もなく、

とても親切に対応していただき、

将来的にも、この方と何かお仕事出来たらいいな、

と本心で思たので、納得もして決めました。

 

 

長くなりましたが、

こちらが掲載を決めるに至った経緯です。

 

 

最近色々ブログをチェックする機会が多いのですが、

読みやすいように工夫って出来ないんですよね。

 

だから感情が多くて長くなっちゃうんですけど、

るんあゆが言ってた言葉、

これってすごく色々な人に響くと思うんですよね。

 

今のパターンを抜け出せなくて苦しんでいて、

なら古いパターンを分かって、

ちゃんと自分はそうなったらどう感じるか?

を大切にしてあげる。

今までの経験上出てくるのは

危ないからやめようとか

よくわからないのに勝手に自分はうまくいかないって決めてたんです。

ナチュラルに。

 

言葉に出さないけど、

そんな証拠を集めて辞めてました。

 

その割に、

不安に勝手に煽られてやりたくもない事をやっちゃったり。

 

おいおい、

そこで勇気出すなら

やりたい事やろうぜ(笑)

 

 

 

どう思う?

 

嬉しい?

 

なにが見える?

 

どんな自分がいる?

 

 

 

思い出してみよう。

 

 

行動に移した瞬間から

結果が「失敗」のように見えることになっても

後悔はないと思うし、

立ち上がればそれは失敗にならないと思うのです。

(失敗しても良いし、失敗するとも決まってませんしね)

 

私が

人生を変えたい、と思って起こした行動は、

行動をおこした時点で大成功!

 

 

そして、

この話はここからが山あり谷ありなのです(笑)

 

また書きます。

 

 

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます!

 


雑誌掲載に先駆けて

アクセサリー新作UPしました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Piaceresolo online store 

 

 

 

別名「オーダーしないオーダーアクセサリー」

あなたのイメージでお作りしてます。

只今期間限定人数限定で特別価格となっております!

春に、あなただけのアクセサリーをお迎えしてみてはいかがでしょうか?

只今の春のオーダー会特別価格!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Piaceresolo オーダーアクセサリー

 

 

 

LINE@やってます!
新作情報やイベントの情報などを
いち早くお届けします!
簡単登録解除ワンクリックです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

たてまい公式LINE@

LINE 

ID:@qur8009b

LINE Add Friend

 

 

 

花に嵐のたとえもあるさ

彼女は言う

「飴を作っているところを想像して
あの柔らかそうに見えてかたい感じ、
あの感じの声です」

と。

その言葉を聞いて

ああ、
私は、
私が出来る表現は歌ではない、
って思った。


やっぱり、
と思ったことに驚きはしなかった。

何となくそんな気はしてた。


それと同時に、
この目の前の私の魂を震わせる
天才とも呼べる感性の塊のような美しい彼女を
彩りたいと思った。

そんな何かを私は作りたいと思った。

そう、
この感じ。

私の心に生まれた感動を
形にしたい。



花に嵐のたとえもあるさ
さよならだけが人生だ


なんとなく、
一緒にこのフレーズを思い出した。


これを彼女に渡した時、



「なんだか、鏡を見ているようだ」
と言われた。



私の中にも、

彼女のような美しさがあるだろうか。




花に嵐




彼女を見たら多分そのイメージが伝わると思う。




意味のある出会いとなった気がします。

嘘つきは私

神さま私の心の中見られるの??

ぐらい、
自分に嘘ついて押し通そう、
なんとかここは我慢してやり切ろう、頑張ろう、
とするとことごとくうまく行きません😂


結果的に、
それはいい方向に向かっているのですけどね。
嘘はつけませんねぇ〜


自分に嘘ついて、
小さな違和感をなかったことにして、
人の期待に応えよう、してあげよう、
しなくちゃ、何が何でも、
ってもう通用しません。
どこかで噛み合わなくて迷惑かかります。
怒らせます。傷つけます。

自分がしたいようにして、
反対されてもふりきってやりたいことしても、
迷惑はかかります。
心配かけるし怒られるし、傷つけたりもします。


あなたはどっちがいいですか?


1分1秒無駄に出来ないんです。
興味のない人に会う時間は取れません。
薄情、常識がない、と思われても構えないときもあります。
私優しいというか、
八方美人すぎて苦しみました。
本当は嫌なもんは嫌だし、
優しく出来ない時もあります。
それくらい私は今夢中なんだと思ってください。
そして、
しっかりしようとしていますが、
どうしても抜けてしまう。
どうにも自分の手の届かないところでミスを起こしてしまう。
頭真っ白。
詰め込みすぎなんです。
出来ることなんて、
本当に少しだけ。

春は盛りだくさんのため、
もう4月まで色んなお誘いはお断りさせていただいてます。
というか動けません。
最小限まで「やらなければいけない」を削って、
「やりたいこと」の時間を取っていきます。


だって、
嘘ついて、
不安やモヤモヤの中で受けても
ダメになっちゃうからね。
してあげたい、と出来るかどうかは別。
もう今そんなトキなんです。
もう、
今回反省しまくってよーーーく分かりました。
安請け合いしてごめんなさい。
私、
キャパオーバーでした。

そんなわけで。
今週中、
今月中に自分にスポーツ的な
ノルマをいくつか課しています。
頑張る。

嘘なんてつくな

珍しくものすごい早く目が覚めたので書いている。

先週ワークショップの全日程6日間が終了しました。
参加してくれた皆さん、
共同主催の川元 香さんには感謝しかないです。

正直な話、
参加者がいない日も2日ほどありましたが、
その間に自分たちの思いや、
どうしたいか、
それをポツリポツリと話しながら、
見つめる良い時間になりました。

恐らく、
2人ともしばらくはワークショップというものは
しないだろうなと思います。
人と関わるのはもちろん楽しい。
何かを作ることが好きだけど、
なかなか1人では…という人には
作る楽しさ、
ワクワク感の中に入っていって、
どんどん集中していく気持ちいい感覚、
そういうものを感じてもらえたのはとても嬉しかったし、
どんどんそんな経験をして
その感覚の大切さに気がつく人が増えたら嬉しいな、と思う。

私は日常のその感覚を思い出せたことで
人生がすごく楽しくなったから。

今後はまた、
自分たち自身がそれを感じる番。

今回やってみて、
その人に合わせてデザインを考えていくことの
楽しさを再認識しました。

私は作り方を教える必要はなく、
貴女の魅力を引き出したりなりたいイメージは
こんな感じよ〜
とそれを感じて提案することだったり、
それを形にすることがしたいんだな〜と。
(みなさん作り方は教えたらすぐに出来てしまうのですよ♪)

それに伴い、
強く『仲間が欲しいな』って思いました。

私の今お世話になっている会社は
事業部が沢山あり、
その中でもチームが複数ある感じで
「仲間と結果を出す」みたいなところがありまして、
私は派遣でそこに入ったということもあり、
どこか遠くでそれを眺めておりました。

「すごい気合い入ってんな〜」みたいにみてましたし、
ちょっと冷めたふりして見ていました(ごめんなさいね)

それが
『ああ、私、羨ましいんだな』
ってちゃんと認められたのが最近で。

それまでは
私はそれを遠くから眺めて1人でいるのが性に合ってるし、
つるむの好きじゃないし。
とか思っていたのですが。
拗ねてました。

同じ思いで動けるチームがあって、
背中を任せて
仲間がいて一緒に動けるって素敵だな、
いいなぁ、
って最近思うんです。

(みんなで頑張ろうね!というよりはそっち任せた、という信頼感)

もちろん、
ある程度お金を払えば動いてくれる
そんな仕事人の人は沢山いるのでしょうけど、
そうではなくて。

寂しい人だと思われるのが嫌、とか、
絵に描いたみたいに恐れておりましたが、
伝えないと同じ思いがあるかどうか、
私がどう感じているのか知ってもらえないので、
作りながらも
伝えていこうと思います😃

私は作ることがしたいから。
世界の「なんとなく」を減らして、
「本当に好き」と思えるものを増やしたい。

f:id:norain:20171222175139j:plain:w300


たてまいLINE@やってます!

登録よろしく(`・ω・´)キリッ

↓↓↓

LINE Add Friend
ID:@qur8009b

 

ワークショップ3日目無事終了!

材料の入ったスーツケースを持って

階段を降りていたらば、

滑って転んで今座ることすらもイタタタです。

 

こんばんは。そんな私です。

 

先週の土曜日はワークショップだったのですが、

終了後も相変わらず眠くて眠くて、

抗いようのない眠気に抗うことなく眠っておりました…

 

さて、

遅くなりましたが第3回の

『自分解放アクセサリーワークショップ』

なんと今回は、

 

主催者同士がお客様!

 

f:id:norain:20171206205924j:plain:w300

 私は香さんのパワーストーンブレスレットの講座を体験!

 

今回のテーマはチャクラを意識したワークなので、

色がいっぱいになっちゃう〜とか気にぜず、

ビビビ!と来たストーンをどんどん選んでいきます。

もちろん見た目のバランスを考えて色を厳選するのも自由です!

こんなに沢山の石を自分で集めるのは大変だと思うので、

今回のオススメは全チャクラ対応だそうです。

 

f:id:norain:20171206210201j:plain:w300

だんだんと数が揃っていよいよブレスレットが形成されそうな数になってきた時、

 

「あれ?なんかバランス取れない」

 

って事で、

テーマに沿ったアドバイスをいただいたところ、

 

「地に足をつける要素が足りてない」

 とのことw

 

「ふわふわと体の上の方に意識が集まっちゃうのはお父さんだね」

 

意表をつかれたその言葉、

そう、私の父は鼻歌を歌う陽気で幸せな神なのです。

 

私も見た目は母親似ですが、

中身はがっつり地に足つかない父親似(笑)

 

「そっか…無意識に“お母さんみたいになりたくない!”って思ってたんだ」

 

と納得。

 

地に足をつける、

 今話題のグラウンディングの石になるのは、

ヘマタイトやスモーキークオーツなどの色の黒っぽい石。

 

そう言えば、
私スモーキークオーツ好きだよな…

今回のワークショップ以前から

フレームビーズとかタンブルとかやたら集めてるし、

最近買ったピアスもスモーキーちゃんじゃないか…

 

なんだ、私、結局お母さん好きなのか…と結びつけると複雑な気持ち。

(母とはもう一悶着ありそうなのでおいおいね)

あ、スモーキークオーツがお母さんの石、って事ではないですよ。

私の場合ってことです。

 

「スモーキークオーツはね、安定の石だよ。何とでもバランスが取れる」

 

なるほど、

大きなスモーキークオーツと、自分の持ってきたカットのスモーキークオーツを入れると

全体がしまった。

 

 

しっくりくるまで並べ替えて微調整。

パズルゲームみたいに定位置におさまるみたいに

最後は「これだ!」と決まりました。

 

そしてやや根気のいるゴム通しをし、完成!!

 

香さんのブレスレットはね、

タンブルとかちょっと一般的には歪と感じるストーンも入るところがいいところ。

ファッション的な動きだけでなく、

ブレス自体がまろやかになる感じ。

個性でまっすぐには生きられない私たちにも寄り添ってくれる感じ?

もちろん左右対称のブレスも作成可。

皆さんの個性で作成。

石の意味などを聞けたり、

アフターフォローもしてもらえますよ!

 

 

f:id:norain:20171206211857j:plain:w300

そして、

私の出番!

ピアスのワークショップです。

 

今回は心の動きも感じるワークなので、

最初にキラキラカットの美しい天然石を選んでいただきます!

 

香さんはグリーンアメジストとピンクアメジストをチョイス!

私は必要な時に天然石は意味は見ないでチョイスするので

特に「これはこういう意味ですよ〜」とは言いません。

オーダーの時は一応調べますけどね。

だいたいその人に必要なものだったりします。

 

今回のワークショップでは香さんがいるので、

意味とかも話しながら楽しく作れると思います。

 

石を選んだらピアスのベースを選びます。

今回使用したアメリカンピアス(チェーンを耳に通して垂らすタイプ)は

ピアスが無くなっちゃう〜という人にもオススメ。

そして揺れるのでもれなくモテ要素ゲット(笑)

 

こんな感じにしたい!というのを話し合いながら、

私もこんなのはどうですか?と提案。

大まかなデザインが決まったらいよいよ作成です。

天然石とゴールドフィルドを使用したものは華奢な感じになるので、

「めがね留め」という

手作り業界に足を踏み入れた時からの憧れの技法(?)を駆使して作っていきます。

 

これができると逆にTピンうまく曲げる方が難しいくらい。

応用がききますし、ご自分で作品を作る際も役に立つと思います。

もちろん難しければお助けしますので安心してください。

 

これを覚えて作り始めてしまったら、

もう私の仕事は質疑応答のみw

皆さん自力で完成させていきます。

 

そして…

 f:id:norain:20171206213102j:plain:w300

 

ジャーン!

 

素晴らしい!

私がほしい!←

 

かわいい自然を感じるピアスが完成!

 

 

こうして作成風景を見ていると、

「私っているのだろうか…」とか思ったりするのですが、

 

「まいこはこうやって気持ちを組んでくれて形にする力があるんだよ」

 

と言ってもらい ハッとしました。

作りたいものがあってもそれをちゃんと形にできるかは別。

頭の中に絵があるのに、それをうまく手で書けない、みたいなね。

その経験はもう沢山積んでるんだから大丈夫でしょ?

 

と背中を押されました。

 

別日程で参加してくれた方にも

「照れてるだけなんだよね」と言われて

ああそうか。

出来るって言ったら何を思われるんだろう、って恐かったんだなぁ〜

と、自分を思いました。

 

心の中にふつふつと、

ある思いが。

 

 

物を作る、というのは瞑想に似ていて、

作りたい!

と思ったのならテキトーなものは作らないわけですよ。

ましてお金も払っていますからね。

自分のこうしたい!と真剣に(とは言っても恐いものではなく自然に)

向き合う事になります。

 

そんな作品が出来上がった喜びを感じられる、

その体験にこの値段を付ける事は決して高くはないな、と

自信を持ってお届け出来るいいワークになりました!

 

残り3日間は

私はネックレスのワークショップをします。

どんな方と出会いどんな作品が出来るのか楽しみにしております♪

メッセージをお待ちしています。

 
アクセサリーワークショップ開催中!!
残り3日お待ちしてます!
↓↓

norain.hatenablog.com

 


たてまいLINE@やってます!
お申込みもこちらから可能です❗️

登録よろしく(`・ω・´)キリッ

↓↓↓

LINE Add Friend
ID:@qur8009b